彼女は今日も怒り狂っている。 誰にでもなく、自分自身に。